こんにちは!
婚活・恋活を応援する、茨城結婚相談室 サムシング・ブルー仲人、しのふじです。

今日は知人からのご紹介についての心構えをお話させていただきたいと思います。

もしかするとあなたは「誰かいい人いたら紹介して」と言ってませんか?

ご自分が婚活中ということをアピールするのは良いです。ただ、その「いいひと」はどんな基準なのか漠然としすぎていて、ご紹介してくださる方にはわからないです。
ご自分はどんな人と巡り会いたいのか。どんな結婚生活を望むのか。ここはご自身の希望を明確にしておきましょう。
お相手への条件は多すぎてもご紹介者が困ってしまいますので、譲れない条件を3つくらいに絞ってくださいね。

■紹介された方と会う時の心構え

知人や友人に希望を伝え、いざ紹介相手とお会いできることになりました。
ここで大事にしていただきたいのは「出会いを楽しむ」ということです。

・笑顔でご挨拶、会話をする。
笑顔は人の心を柔和にします。緊張も早く溶け、お互いに自己開示がしやすくなるので、お話も盛り上がるでしょう。
たとえルックスがタイプではない方が来られても、笑顔で対応しましょうね。案外話してみると話が合い楽しかったりします。

・人によって態度を変えない
合コンなど多くの異性が集まるところでは、好みの人だけに話しかけ他の人には素っ気ないという態度はNGです。男性も女性も他の人に対する態度は見ていますので、あからさまに態度が違う人には仲良くなろうと思われません。

・人の紹介は感謝する
その時の出会いが不調に終わっても、紹介者さんには感謝の気持ちでお礼を伝えましょう。
「今回はお互いの求めているものが違ったようで、ご縁がなく残念でした。○○さんはとても誠実な方でお仕事のお話も興味深く、お会いさせていただき勉強になりました。」と紹介者さんの立場を考えお相手のことも立てましょう。この人はいいひとだな、また紹介してあげたいなと思っていただけることが大事です。間違ってもお相手の悪口は言わないように。

■次の紹介につなげるポイント重要
・紹介者に感謝の気持ちを伝え、今回の経験を踏まえて、こういう人とお会いしたいと明確な希望をお伝えしましょう
ひとりの知人がご紹介してくださるのは多くて3人くらいまでだと思いますので、チャンスは有効に活かしましょう。あとからあとから希望を伝えても紹介者も辟易してしまいますので、「○○なかたとめぐり会えると嬉しいです」と伝えましょう。

■仲人しのふじのまとめ
普段から様々な場所に出会いはあります。そこが出会いとは関係ない場であっても同じように、すべての人に平等に笑顔で自分から挨拶、会話をするを心がけてみましょう。「あの人は感じがいいから、あの人に紹介してあげたいな」と考えてくださるあなたのファンが増えることで出会いのチャンスも必然的に広がりますよ。

良縁で結ばれることを願ってます!