report

11月にベトナムにて婚約をされたお二人は、2月の良き日に挙式をされました。

その時の様子をレポートしたいと思います。

サムネイル

この頃の夜中の羽田空港は、コロナ騒ぎはそれほどでもなく、多くの人々が海外へ向けて旅立っていきました。

サムネイル

JALのラウンジで軽食を取り、出発まで歓談。

 

サムネイル

エコノミーでも食事は美味しいし、やっぱりJALが安心できます。

サムネイル

これは機内の朝食。夜中に出発して約5時間でホーチミンに到着です。

 

サムネイル

朝が早かったので、ちょっとホテルで仮眠します。

サムネイル

ホテルの入り口には商売繁盛のために仏壇が祀られています。

 

サムネイル

さあ、いよいよ結婚式が始まります。

家の前では、独身の男女が民族衣装に身を包み

花嫁、花婿を出迎えます。

ベトナムの女の子たち、とっても可愛いです。

サムネイル

花婿さんはちょっぴり緊張の面持ちです。

 

サムネイル

ベトナムの挙式はご自宅で開催されることが一般的だそうです。

この日は200人の方々にお集まりいただきました。

 

新婦のお隣の方は新婦のご両親です。

そして、私の隣の男性は、ベトナム女性をご紹介してくださる

NPO法人ブライダルパートナーの竹之下さん

200組ものカップルをご結婚に導いた影の立役者さん。

国際結婚の手続きは煩雑ですが、

竹之下さんにお任せしたら間違いありません。

サムネイル

指輪の交換

ベトナムではほかに、ネックレス、イヤリング、ブレスレットを贈ります。

サムネイル

大勢の皆さんに祝福されるお二人

新婦は4回お色直しをされましたよ。

美人さんだから何でもよくお似合いです。

4時間の披露宴は、祝福のカラオケ大会で大盛り上がりでした。

 

ベトナムの方々は陽気で明るく、フレンドリーで親切です。

特に女性は我慢強く、家族を大切にし、男性を立てるところが

昔の大和撫子のようです。

 

本当に素敵なお嫁さんをもらって

彼は幸せ者だと思います。

 

新婦のお母さんは涙で私たちを見送ってくださいました。

彼なら大丈夫。彼女を必ず幸せにします。

 

どうぞ日本にも遊びに来てくださいね。

 

後ろ髪をひかれつつ新婦のご実家を後にしました。

 

 

つづく