BASE

無邪気さの取り戻し方~その1~

無邪気さの取り戻し方~その1~

大人になって何も考えずに行動する人は困りますが、まったく自分の個性や感情を出さずに行動してもお相手からは魅力的には映りません、。

時には無邪気になり自由な自分を表現してみることで、お相手もあなたに惹かれることでしょう。

大人になるに連れて、恥ずかしさというものを持ちます。
しかし、この「恥ずかしさ」と「照れくささ」は、まったく違うものです。

いい年をして恥ずかしくないのかと思われることはやめるべきですが、いい年をして照れくさくないのかと思われることは時に可愛く映ることもあります。

では、どうして大人になるとなりふりを構うのでしょうか。それは、他人にどう見られているかを気にするようになるからだと思います。幼い頃は自分の世界で生活しています。他人を困らせてもわがままをいうのがその証拠です。

しかし、年を重ねるに連れて集団行動を求められるようになってくると、社会というコミュニティーの中で、他人が自分の行動をどう見るかということを気にします。そして、その中でバランスをとる能力を身に着けます。やりたいことでも空気を読んで躊躇したり、思いっきり羽目を外すことが出来なくなったりします。

では、照れくささをなくすためにはどうすべきでしょう。

それは、意外と簡単で他人のことを気にしないようにするだけです。どうやるかというと、他人に馬鹿だなと思われても、2、3日すれば他人の脳からは私のとった行動など忘れられていると開き直るのです。

そもそも他人は自分が思っているほど、自分のことを見ていません。過剰に見られていると思わなくて結構です。好きでもない限り、左程の興味はあなたにありません。一番は自分自身でその次に他人のあなたなのです。

24時間後あなたのやった行動は忘れ去られると思って、照れくささを取っ払って時には羽目を外してみてくださいね。