【アラフォーだと大変?】結婚相談所入会は30代のうちに!

BASE

【アラフォーだと大変?】結婚相談所入会は30代のうちに!

【アラフォーだと大変?】結婚相談所入会は30代のうちに!

茨城の結婚相談所サムシングブルー篠藤です。

結婚相談所に入会する年齢ですが、40代で結婚相談所に入られても大変なことはありません。

仮に40代で結婚相談所へ通おうと思われても、同じことを考えている人、同じ状況の人たちがいますので決して遅くはありません。

ただ結婚相談所に入って急に同じ境遇で同じことを考えていて同じ状況の人にバッタリ遭ってそこで気が合ったということは滅多にないことです。

ですので、40代で結婚できないわけでもありませんし、30代だから必ずしも結婚につながる出会いがすぐに見付かるというわけではございません。

ただ「30代のうちに結婚相談所へご入会を」と感がているのですが、それはあなたの選択肢を広めるためです。「結婚を考えているのであれば思い立ったが吉日ですよ」ということで30代での入会をオススメしております。

さて、ここで30代で結婚を意識されたあなたには一体どういった選択肢が待っているのでしょう。

今日は「アラフォーだと大変?結婚相談所入会は30代のうちに!」についてお伝えしております。

年齢層の選択肢

結婚相談所の会員様の年齢層は様々です。そこで20代~60代の幅があるとしたら30代後半はちょうど真ん中に当たります。

お見合い相手のご紹介にあたり「特定の年齢条件」がなければ、おおよそ10歳差の間隔でご紹介するということが一番ベターな考え方です。

ですので「40代の会員様に20代の会員様をご紹介する」「20代の会員様に40代の会員様をご紹介する」ということよりも

30代の会員様に20代の会員様、40代の会員様のご紹介をしたほうがお返事が通りやすいことは確かです。

もちろんそれに限ったことばかりではありませんが、30代で結婚相談所に入れられると年齢層の幅が広いので選択肢は大きく広がりますので出会いの幅ももちろん広がります。

特に女性の場合、結婚相談所で最も人気のある年齢は「30~35歳」という事もありますので、より良い選択肢を選んで頂くには30代での入会がオススメです。

結婚に至る平均年齢

このブログでも何度かお伝えしておりますが、厚生労働省統計情報部「人口動態統計」の情報では平均初婚年齢は夫が31.11歳、妻が29.4歳と晩年化してきております。

それが良いことなのか悪いことなのかはさておき、現代におきましてそれだけ「30代で結婚しよう」と考えられている方が多いということです。

ですので結婚する為の活動をしていくきっかけやチャンスとなります。

ただここで罠があります。平均初婚年齢の統計のデーターには「結婚までにお付き合いする期間」というのは書いてないわけです。

もし30ちょうどで結婚したかったら20代で出会ってそこから付き合っている必要があるんですね。今日出会った人と誰も「この人と明日結婚しよう」とは考えないわけです。

ですので「みんな30代で結婚する時代だからまだ大丈夫」と思われるのは完全な油断です!ここに関しては気を付けて下さい。

ですので、本来ならば20代で活動をして欲しいところなのですが、やはり仕事が忙しかったり仕事での付き合いが多ければ多いほどそんなことは忘れてしまいます。

そういった理由で30代での結婚相談所を利用される方が多いです。

どんなご状況のお相手様でも自信溢れるの20代の会員様より「同じ考えと目的を持った同じ30代の会員様」とお見合いする機会の方が多いわけです。

急に結婚を意識し始めて焦って生きてる延長線上で出会いを求めるサバイバルをするよりは結婚相談所で仲人とゆっくりお話し合いながら結婚という同じ目的意識を持つお相手様を見付けるほうが有意義だということです。

適齢期を逃さない為の30代

結婚を意識する→結婚相談所に入る→まではいいのですが、そこで次に問題となってくるのが「結婚適齢期」です。

2010年総務省「国勢調査」のデーターを分析すると男性の場合ですと35~44歳の未婚男性の中で結婚に至る人数は10人中5年間に1人という結果だそうです。

つまり30代前半で結婚相手を見付けなければ、その後結婚に至るということは今の所難しいというデーターです。

この中で結婚相談所を活用した人数というところまでは把握できませんが、適齢期を逃さない為に「結婚相談所を利用する」というのもひとつの手段です。

自然な出会いの恋愛結婚が流行っている最中ですので「結婚を考えて結婚相談所の会員になった」というのはご友人やご家族にも伝えづらいことかもしれませんが、考え方によっては自然な出会いの恋愛結婚が流行っているからこそ離婚率が多いのかもしれませんね。

ですので結婚相談所はあなたが結婚できるかもしれない可能性が沢山広がっております。

結婚に向けてわかりやすい活動を周囲にアピールすることにより、どのフィールドであっても結婚につながりやすいということは間違えありません。

というのも、もちろん「彼女を募集している」でもいいんですけど、30代の未婚女性から30代未婚男性に対し仮にちょっとした好意があったとしても「結婚する気がない」と判断されるとお付き合いするのも時間の無駄と捉える人が非常に多いんです。

「まさか急に結婚だなんて・・・」と思うかもしれませんが、そういう雰囲気を少しでも匂わせた時点で言葉を言わなくても相手から判断されます。

現代の女性は仕事を持っていて使えるお金の幅も広がっています。つまり活動範囲の幅が広いということは出会いの幅も広いので、例えそこでお互いが少しの好意を寄せたくらいでは「付き合う前からすべて判断し決断できる」ということです。

そこが各々結婚に至らない隙です。

特に30代以降の女性は20代の時のように何気なく自然な形で付き合って、些細なきっかけで別れ、失恋を乗り越えて、次の相手を見付けるという少女漫画のように大きな流れのある一連の体験をスムーズに熟す年齢ではないということをご理解していただけていると幸いです。

これは30代男性が少年漫画のように「バンドマンやプロ野球選手やサッカー選手になる!」と夢を堂々と宣言して実行する体力が、職業でない限りほぼほぼないのと同じことです。

それにより各々が「お相手が自分のことを真剣に考えてくれる」ということは、お付き合いをするに当たって一番重要なポイントになってきますね。

ここで間違えてはならないのは「真剣」=「好き」という認識。もちろん当然に大正解で「好き」がなければ何も始まらないのですが、それだけではいけません。真剣さが必要なのです。

30代では「真剣=結婚を視野に取り入れる」と認識していただけるとより充実したお付き合いを続けることが期待できます。

その気持ちを周囲にしっかり認知してもらうことで「結婚を視野に取り入れてるくらいだから何事にも真剣に考えることが出来る人」と意識させることができますので、女性からも真面目に取り合ってくれる機会も増えることでしょう。

最後に

このように30代は「結婚という目的」や「意識」がより一層高まる世代ですので、結婚相談所内でもより充実している年代です。

結婚は決して最初から相手が居て始まるものでは一切ありません。結婚というのはまずはあなたが意識を持ち始めて起こり得る出来事です。

あなたが目的や意識を強く持っているからこそ、同じ考えを持つお相手が見付かるのです。その強く保った意識は結婚後も長らく役に立ちます。

是非、茨城結婚相談所サムシング・ブルーであなたの「結婚」という意識を高めませんか?自分磨きの為の各オプションコースも取り揃えておりますので是非サイトをチェックしてみて下さい。

お問い合わせお待ちしております。